NEW 2023.01.25 恋活・出会い

恋人が欲しい人におすすめの出会いの多い仕事6選とその特徴とは?

出会いの多い仕事なら、出会いを求めなくても恋人ができるのに…と思ったことはありませんか。

そこで今回は、出会いが多い6個の仕事や仕事場で出会いを探すときに見るべき特徴について解説します。

出会いの多い仕事は、人の出入りが激しい、男女の人数のバランスが取れているなどの特徴がある仕事が多いです。

この記事では、出会いの多い仕事6選と出会いの多い仕事の特徴を中心に紹介します。仕事場での恋愛は結婚に繋がるのかという気になるポイントについても解説するので、ぜひ参考にしてください。

目次
  • 出会いの多い仕事6選
  • 出会いの多い仕事の特徴とは?
  • 仕事場での出会いは結婚に繋がることが多い?
  • 出会いの多い仕事場での恋愛は気を付けるべき?
  • まとめ

出会いの多い仕事6選

出会いの多い仕事には、どのような仕事があるのでしょうか。6種類の仕事を解説します。

仕事場で出会いを求めたい人、仕事以外で出会いが少ない人は、ぜひ参考にしてください。

飲食・サービス業

飲食業やサービス業は、働いている人の男女の比率がよいため、出会いが多いです。さらに、年齢層が広く、さまざまな人との出会いがあります。

スタッフで助け合ってお店を回すことが多く、コミュニケーションを取る機会が多いのが特徴的です。仕事をする中で仲を深めやすいでしょう。

仕事終わりに食事に行ったり、遊びに行ったりする機会もあるため、仲良くなりやすいです。

また、お客さんとの出会いも期待できます。毎日多くのお客さんの接客をしていると、タイプの人と出会えるかもしれません。

飲食やサービス業は、職場の人とお客さんの両方の出会いを期待できる職業でしょう。

マスコミ関係

テレビ局や広告代理店などのマスコミ関係は、有名人との出会いを期待できます。人脈が重要な仕事であるため、パーティや合コンが開かれることが多く、出会いが多いです。

他の職業ではなかなか出会えない有名人と出会えるチャンスがあります。マスコミ関係の仕事に就くことは難しいですが、就くことができたときには、他にはない出会いを期待できるでしょう。

美容・ファッション関係

美容やファッション関係の職業といえば、スタイリストや美容師、ネイリストなどの職業があります。人に接する機会が多い職業であるため、出会いが多いです。

美容やファッション関係の職業に就いている人は、オシャレな人ばかりという印象はありませんか。

美容やファッション関係の人は、オシャレで清潔感があり、モテる人が多いです。出会いが多く、職業柄モテる人が多いことで、恋愛関係に発展しやすいでしょう。

商社関係

商社に勤めていると、営業や事務などの仕事に就くことになります。営業部なら、日本だけではなく、海外にも営業にいくことがあり、日本人以外との出会いも期待できるでしょう。

事務職だと、営業のように海外に行くことはありませんが、営業職を支える仕事として、営業の人と仲が深まることがあります。

商社というとお堅い職業のイメージがある人がいますが、体育会系で飲みに行くことが多く、そこから人脈が広がりやすいです。

社内恋愛や海外での出会いと、さまざまな出会いを求められるでしょう。

金融業

保険関係や銀行などの金融業は、社内恋愛が多いです。研修が多く、飲み会が開かれることもあるため、仲を深めやすい環境になっています。

お店ごとのノルマがあるなど、社員全員で仕事に取り組むことが多いため、男女関係なく仲良くなるきっかけがあるでしょう。

真面目な性格の人が多く、合コンに参加する人は少なめです。そのため、社内恋愛から結婚に至るケースが多いでしょう。

公務員

公務員は、男女の比率がほどよく、職場恋愛が多いです。公務員は安定した職業であることから、モテる職業とされています。

同じ公務員同士なら、お互いに結婚への安心感があるため、職場恋愛が多いのでしょう。産休や育休を取りやすい環境であることから、結婚へスムーズに進めます。

公務員は、恋愛から結婚へ至るケースが多い職業かもしれません。

出会いの多い仕事の特徴とは?

出会いが多い仕事を紹介しましたが、出会いが多い仕事には共通の特徴があります。出会いが多い仕事の特徴を知れば、仕事を選ぶときに比較しやすいです。

ここからは、出会いの多い仕事の特徴を見ていきましょう。

人の出入りが激しい

人の出入りが激しい仕事は、出入りが激しい分、多くの人との出会いを望めるということです。出会いの多い仕事に就くなら、人の出入りが激しい仕事のほうがよいかもしれません。

出会いの数が多ければ、好きなタイプの人に出会うきっかけが増えます。より多くの出会いの中からいい出会いを見つけられるでしょう。

男女の人数比のバランスがいい

仕事によっては、男性が多かったり、、女性が多かったりと男女比に大きな差がある場合が
あります。

男女比のバランスは出会いやすさに影響するため、できるだけ男女比が同じぐらいの仕事を選ぶとよいでしょう。

男女比のバランスがよく、コミュニケーションを取る機会が多い仕事は、いい出会いを求めやすい環境です。

年齢層のバランスがいい

年齢層のバランスがいいと、出会いを求めている人が多く、職場恋愛を期待できます。

年齢層が高い仕事だと、既婚者が多く、出会いを求めている人が少ないです。若い人もいる職場であれば、出会いを求めている人がいるため、恋愛に発展する可能性があります。

年齢層が高い職場よりも、若い人が多めな職場のほうが出会いに結びつきやすいでしょう。

仕事場での出会いは結婚に繋がることが多い?

仕事場での出会いは、結婚に至ることが多いのでしょうか。結婚するきっかけになりやすい出会いを元に、どのような出会いから結婚に繋がることが多いのかを解説します。

結婚相手との出会いのきっかけは何が多い?

結婚相手との出会いのきっかけはさまざまです。どのような出会いから結婚した人が多いのか、統計から5つの結婚の出会いのきっかけを解説します。

仕事関係・職場

仕事関係や職場での出会いがきっかけで結婚した人は、約28%という結果が出ています。2015年の統計によると、2番目に多い結婚相手との出会いのきっかけです。

社会人になると、多くの時間を仕事に費やすため、自然と仕事仲間との距離が近づきます。仕事で仲良くなりやすいため、恋愛関係になりやすいのでしょう。

お互いの仕事を理解していることから、結婚に踏み出しやすいというメリットもあります。

友人からの紹介

友人からの紹介は、約30%と最も多い結婚相手との出会いのきっかけです。

仲の良い友人なら、自分にどんな異性が合っているかを知っているため、タイプに合った人を紹介してもらいやすいのかもしれません。

友人からの紹介で付き合い、結婚まで至った人は多いようです。

マッチングアプリ

マッチングアプリなどの婚活サービスを通して結婚した人は、約15%とも言われています。

仕事関係や友人からの紹介で結婚した人よりも少ないものの、年々婚活サービスを通して結婚した人は増えている状態です。

少し前まではマッチングアプリで出会う人は少なかったですが、現在ではマッチングアプリで出会う人が増え、認知度も上がっています。

学生時代からの知り合い

学生時代からの知り合いなど、幼馴染とも言える人と結婚した人は、約1.6%とされています。

学生時代からずっと付き合っていて、結婚まで至る人はかなり少ないということでしょう。学生から社会人になり、お互いにどんどん環境が変わる中で、そのまま結婚に至るのは難しいものです。

習い事

習い事での出会いから結婚する人は、約4.8%です。習い事は、自分の興味のあることを習うため、同じ趣味を持つ人と出会いやすくなります。

趣味が同じだと会話が続きやすく、恋愛に発展しやすいでしょう。共通の習い事を通して、お互いのことを知るうちに結婚に至るケースがあります。

出会いの多い仕事場での恋愛は気を付けるべき?

出会いの多い仕事場で働く人や、仕事場での出会いを求める人は、職場恋愛をするときには気を付けるべきポイントがあります。

職場恋愛には、メリットとともにデメリットもあるからです。

出会いの多い仕事場での恋愛をするときには、どのような点に気を付けるべきなのか4つのポイントを解説します。

職場恋愛はいい点と悪い点がある

出会いの多い仕事場に勤めていると、恋人を作りやすい、出会いを求めなくても身近でよい出会いを見つけやすいというメリットがあります。

その一方で、出会いの多い職場での恋愛には気を付けるべきポイントもあることを理解することが必要です。

いい点と悪い点を理解していないと、職場恋愛によってトラブルに巻き込まれる可能性があります。

仕事場でも恋人に会えるのは職場恋愛のメリット

仕事場で恋人に会えるのは、職場恋愛ならではのメリットです。仕事場が同じだと、同棲をしていなくても、恋人と職場で長く一緒にいられます。

仕事をする様子を見ることができるのも、職場恋愛のメリットでしょう。仕事ぶりを見れば、相手のことをより深く知ることができます。

仕事が忙しいときでも、恋人に職場で会えるなら、仕事にも身が入りそうなものです。

公私混同のリスクがある

仕事と恋愛を混同してしまい、周りから仕事をしにくいと思われてしまうリスクがあります。

恋人とできる限り一緒にいたいと思うあまりに、一緒に仕事ができるように無理に恋人とペアを組んで営業にいくなど、周りに迷惑をかけるようなことがあるかもしれません。

「自分は公私混同するわけない」と思っていても、恋愛が始まると気持ちが変わり、公私混同してしまう人はいます。

職場恋愛のデメリットとして、公私混同のリスクがあることは、頭の片隅に入れておきましょう。

職場での恋愛は別れた後に引きずる可能性が高い

職場恋愛をしていたけれど、別れたとなると、辛い気持ちのまま仕事をしなければならなくなる可能性があります。

相手からフラれたとすると、しばらくは相手の顔を見たくないと思ってしまうことがあるでしょう。

同じ職場だと、相手の顔を見たくないと思っても、仕事をする中で目に入ってしまいます。
一緒に仕事をしなければならないこともあるでしょう。

一度相手から離れたいと思っても、職場での接触が多く、心を癒す時間を取りにくいというデメリットがあります。

まとめ

出会いの多い仕事といえば、飲食・サービス業やマスコミ関係などの仕事です。男女の比率のよさなど、出会いの多い仕事には特徴があります。

出会いの多い仕事を選ぶなら「人の出入りが激しい仕事・男女比のバランスがよい仕事・年齢層のバランスがよい仕事」と3つのチェックポイントを知っておくとよいでしょう。

NEW POST 新着記事
RANKING ランキング