恋愛ができない原因は何?恋愛ができない人の特徴ややるべきことを紹介

なかなか好きな人ができないと、「もう一生恋愛できないのではないか」と不安になってしまいますよね。

恋愛は無理にしなくても良いですが「恋したい!」という気持ちが少しでもあるのであれば、少しずつ恋愛ができるよう改善方法を試してみませんか。新しい恋は過去の嫌な思い出を払拭してくれたり、素敵な恋愛はあなたの人生を豊かに彩ってくれるでしょう。

この記事では、恋愛できないと感じている人に向けて、その特徴や原因、恋をするためにした方が良いことをご紹介していきます。

目次
  1. 恋愛ができないと感じる人の特徴とは?
  2. 恋愛ができない人の原因とは?
  3. 恋愛は無理にしなくてもいい!
  4. 恋愛したいと思っている人がやったほうがいいこと
  5. 恋愛出来ない人がしないほうがいいことをアドバイス
  6. 恋に対する過去のトラウマを払拭するために
  7. 恋をすることで人生をより豊かにしよう

 

恋愛ができないと感じる人の特徴とは

恋愛ができないと感じる人には、いくつかの特徴があります。

性格的な問題もありますが、例えば恋愛に疲れてしまっているなど、その時期たまたま恋愛ができない状況に置かれてしまっていることも。

普段の生活で、「自分がどうして恋愛ができないのか」じっくり考える時間は少ないのではないでしょうか。しかし一度自分を見つめてみることはとても大切です。思わぬ恋愛へのヒントが見つかるこかもしれません。

まずは、恋愛ができないと感じる人の特徴についてみていきましょう。

人に興味がない

恋愛ができない人の中には、他人に興味がない人がいます。恋愛は相手がいることなので、まずは人に興味がわかなければ始めることができません

興味が持てない理由はさまざまですが、ほかに集中したいものや好きなものがあったり、自分の時間を大切にしたかったりするなど、他人よりも自分を優先したい人に多い傾向があります

自分を優先して他人に興味がないと、交流するのも無意味と感じたり、出会って会話をすることも面倒と思ったりするため、誰かを好きになるほど深く関わる機会が持てなくなってしまうのです。

恋人といるより友人といたほうが楽しい

恋人といるよりも友人といた方が楽しいと感じている人も、なかなか恋愛ができない傾向があります。

友人と一緒に過ごす時間で十分に満足しているので、わざわざ恋愛をしようという気にならないのです。

仲の良い友人となるような人は、話が合って気楽、趣味や思考が似ている人が多いでしょう。感性や感覚が合っているので、居心地が良く自分自身も自然に過ごすことができます。

一方、恋人の場合は趣味や感性が必ずしも合うとは限りません。特に片思い中や付き合った当初は、自分の素を出すことができないので、面倒に感じたり息苦しく感じたりしてしまうことも。

恋人と過ごすよりも、友人と過ごした方が気楽で楽しいと実感してしまうと、なかなか恋愛モードにならないこともあるでしょう。

恋愛に苦い思い出がある

過去の恋愛で傷ついた経験があるために恋愛ができない人もいます。

好きな相手に裏切られてしまったり、好きな気持ちが思うように成就しなかったりした記憶は、思い出すのも辛いものです。恋愛は日常よりも心が動くものだからこそ、傷つきやすく心に残りやすいはずです。

特に大人になってからの恋愛の記憶は鮮明で、若い頃のようにすぐに新しい恋に胸をときめかせるようことは少なくなります。

最後の恋愛が苦い思い出となっていたり、うまくいかない恋愛が続いてしまったりしていると、なかなか次の恋には進めない場合があるでしょう。

恋愛ができない人の原因とは?

恋愛できない理由には、性格面以外にもさまざまなものがあります。

「自分はどうして恋愛ができないんだろう」と「性格的に無理なのかも」と思い込んで落ち込んでしまう前に、恋愛できない原因を考えてみましょう。

ここではよくある「恋愛ができない人の原因」を5つご紹介していきます。

  • 出会いがない
  • 仕事や勉強で忙しい
  • 求める理想が高すぎる
  • 積極的に関わりを持たない
  • そもそも恋愛に興味がない

自分に当てはまるものはないかチェックしてみてくださいね。

出会いがない

恋愛ができない理由は、単純に出会いがなく、恋愛に発展するような人に巡り会えていないだけということが考えられます。

多くの人は、大人になるにつれて出会いの機会は減っていきます。趣味がなかったり、インドア派の人であったりすると、職場と家の往復だけという場合も多いはずです。新しい出会いが数年ないという人も多くいるでしょう。

学生時代のように学校や学年が変わる度に友人が増えるようなこともなく、人間関係はだいたい固定化してしまうため、「出会いがない」=「恋愛できない」という状態に陥ってしまいます。

仕事や勉強で忙しい

仕事や勉強で忙しいために、恋愛ができない人もいます。

仕事や勉強に熱中している時は、頭が仕事モード・勉強モードになっています。恋愛モードに入り込むタイミングがないために、人を好きになりづらくなってしまっているのです。

また、何かを一生懸命やっている時はそれだけ身体も心も疲労しています。仕事で疲れきってしまっているために、異性に出会ってもときめかない、恋愛の種に気づけない場合もあるでしょう。

さらに休みは疲労回復のために引きこもりがちになる場合が多く、より恋愛の機会は少なくなってしまいます。

求める理想が高すぎる

恋人に求める理想が高すぎることが原因で、恋愛ができないという場合もあります。

顔やスタイル、ファッションセンスなどの外見から、職業や年収などのスペック、性格まで。人によって恋人に求める要素はさまざまです。

しかし、理想があまりにも高すぎると、条件に当てはまるような人はなかなか存在しません。運命の人を待っていても、出会いは長く訪れないでしょう。

さらに、もしも理想の相手に出会えたとしても、その人と恋愛ができるかはまた別問題。理想の相手との出会いまでに恋愛を経験してこなかったため、コミュニケーションが上手くとれず会話さえ出来ないということもあるかもしれません。

恋人へ理想を抱くことは悪いことではありませんが、恋愛をするための障壁になってしまう可能性も高いのです。

積極的に関わりを持たない

積極的に関わりを持たないことが、恋愛ができない理由かもしれません。

20代の男性の約4割、女性も2割強がデートの経験がないと言われている現代。その理由は経済的な理由や、他に楽しいことがあるなど娯楽の多様化という面もありますが、コミュニケーションが苦手で受け身の人が多いという理由もあります。

他人との関係が希薄になり、コミュニケーションの取り方がわからないという人も多いでしょう。

男女共に「草食化」している現代では、自分から積極的にいかなければ恋愛は少し難しいのかもしれません。

そもそも恋愛に興味がない

そもそも恋愛にさほど興味がない、他を優先したいと思っているために恋愛ができない場合も考えられます。

恋愛をすると少なからず好きな人や恋人のことを考えたり、優先的に時間を使ったりするようになります。

そういった状況やデートを楽しむこと、恋人と甘い時間を過ごすことに魅力を感じていないと、なかなか恋愛をしたいとは思えないでしょう。

特に趣味や熱中できるものが他にある場合や、普段から「冷静な自分でいたい」「自分の時間を大切にしたい」と思っている場合は、なかなか恋愛に興味がわかず好きな人ができにくいことが考えられます。

恋愛は無理にしなくてもいい!

仲の良い友人に続けて恋人ができたり、周囲が結婚をし始めたりすると、恋愛できないことが欠点に思え、すぐに恋愛をしなければならないような気になってしまうこともあります。しかし、恋愛は無理にするようなものではありません。

恋愛以外にも大切なことや楽しいことはたくさんありますし、無理に恋愛をしようとしてもストレスになり、生活が楽しくなくなる可能性も。特に、過去の恋愛で傷ついているために恋愛をお休みしている場合は、自分の心の回復を少し待った方が良い場合もあります。

一方で、もしも「恋愛をしてみたい!」と少しでも思うのであれば、恋愛をするメリットも多々あるでしょう。恋愛は様々な感情を学ぶことができますし、豊かな人生経験にもなります。何よりも、恋人や好きな人と楽しい時間を過ごすことは幸せに繋がるでしょう。

楽しい経験は多い方がいいです。無理をする必要はありませんが「恋愛してもいいかな」と思える時がきたら、ぜひ積極的に動き出してみましょう。

恋愛したいと思っている人がやったほうがいこと

「恋愛したい」「恋愛してもいいかな」という気持ちになってきたら、行動に移すべきでしょう。

頭の中で考えているだけでは、現実世界は何も変わっていきません。しかし、少しずつでも行動を起こせば、周囲の状況はどんどん変わっていきます。

ここからは、「恋愛したいと思っている人がやったほうがいいこと」をご紹介していきます。

ぜひ意識してトライしてみてくださいね。

出会いや関わる機会を増やす

恋愛をしたい人は、まずは出会いの機会を増やすようにしましょう。

趣味のイベントに出かけてみたり、合コンや友人の誘いに乗ってみたり、できることからすすめていきます。今までの行動範囲や人間関係を広げるようなことに、積極的にチャレンジしていきましょう。

お見合いパーティーに参加したり、マッチングアプリを始めてみるのもおすすめです。趣味や話がマッチする人など、良い出会いがすぐに訪れる場合もありますが、とりあえずはじめてみるだけでもよいでしょう。

恋愛モードのスイッチが入るので、異性を気にするようになったり、積極的に行動できるようになったりするなど普段の生活にも出会いのチャンスが訪れるようになります。

ファッションや会話スキルを磨く

ファッションや会話スキルを磨くことで、恋愛につながる種をまくことができます。

ファッションや会話スキルを磨く、外見に気を付けるなど自分磨きを始めると、自分に自信が出てくるようになります。

自信によって笑顔やコミュニケーションが増えて、あなたの魅力はさらにアップするでしょう。

自分磨きによって魅力を増すと、周囲の注目度も上がっていきます。モテてくるようになるので、気になる相手からのアプローチも期待できます

魅力度をアップできそうなことには、どんどんチャレンジしてみてください。

気楽にやる!

「恋愛ができない」「恋愛しなくちゃ」と思うと、肩に力が入ってしまい疲れてしまうことがあります。恋愛は相手がいることなので、頑張ってもうまくいかずストレスになってしまう場合もあります。

恋愛することを目的として張り切り過ぎてしまうのではなく、「いい出会いがあればいいな」「好きな人ができたら嬉しいな」と気楽に考えていくことが大切です。

ふっと力を抜いた時に、自然な自分にマッチした運命の相手に出会うこともあるでしょう。

恋愛出来ない人がしないほうがいいことをアドバイス

恋愛できないことを重くとらえてしまうと、間違った方向へ考えが向いてしまいがちです。

時には自分を追い込んでしまい、恋愛関係以外のことにも影響を及ぼしてしまう場合も。

余計なことでネガティブな気持ちになってしまわないように、恋愛できない人がしないほうが良いことをお伝えしていきます。

無理に好きな人を作ろうとする

好きな人は無理に作ろうとしない方が良いでしょう。

恋愛できないことに焦って無理に好きな人を作ろうとしても、心が動かず結局誰も好きになれないかもしれません。

そうなると、単に好きになれるような人に出会っていないだけなのに「自分はやっぱり恋愛できない人間なんだ」と落ち込み、ストレスになってしまうこともあるでしょう。

また、無理に恋人を作ったとしても、相手に振り回されたり、裏切られてしまったりして、余計な心の傷を作ってしまう場合もあります。

素敵な出会いはふとした瞬間に訪れるものです。無理に好きな人を作るのはリスクが高いためやめましょう。

恋愛できない自分を責める

恋愛できないからといって、自分を責めるのはNGです。

生きている中ではたくさんの出来事や大切なものごとがあり、恋愛はその一つに過ぎません。

また、恋愛できない理由も単に出会いが少ないからという場合や、ほかのことで忙しく恋愛モードになっていないだけ、ということも考えられます。

そのようなことで自分を責めてしまってストレスになり、仕事や生活に支障をきたしてしまってはもったいないですよね。辛い気持ちでいると、余計に恋愛を遠ざけてしまうことも考えられます。

恋愛できないことを必要以上に大きくとらえてしまうことはやめましょう。

周りと比較して自信を失う

友人に恋人ができたり、職場の人や家族が次々に結婚していったりすると、「自分はどうして恋愛さえできないんだろう」と落ち込んでしまうことがあります。

恋愛の話題は友人同士の会話で特に盛り上がるので、何にも話がない自分が恥ずかしかったり、みじめに感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、周りと比較して自信を失う必要はありません。恋愛がなくても人生を楽しめているのですし、恋愛しているからといっていつも幸せとは限らず、実はあなたの方が幸せという場合もあります。

まずは今の自分を大切にして、「恋愛をしたらもっと楽しいことが待っているのかな」と少し期待するくらいがちょうど良いでしょう。

恋に対する過去のトラウマを払拭するために

恋愛できない理由が過去の恋のトラウマにある場合は、そのトラウマを克服していくことが大切になります。

焦る必要はないので、自分のペースで嫌な記憶を払拭していくようにしましょう。

ここでは、過去のトラウマを克服するポイントについてお話していきます。

どんな経験だったのか冷静に振り返る

まずはじめは、自分の経験を冷静に振り返ってみましょう。

この時のポイントは、紙に書き出したり、スマホにメモをしてみたり、できる限り目に見える形でアウトプットすることです。

嫌なことや悲しい感情が出てきてしまうこともありますが、冷静でいられる範囲内で、その時の気持ち、今の気持ちも書き出してみましょう。

過去を封じ込めようとすればするほど、ぼんやりとした嫌な思いが頭の中で増大していってしまいます。忘れようとする自分に、無意識に罪悪感を覚えてしまうことも

心がある程度落ち着いてきたら、一度は嫌だった記憶を呼び起こし冷静に認めていってあげることが大切です。

他の異性も皆そうだという考えを減らしていく

過去の恋愛の相手がひどいことをしてきた場合には、「他の異性もそうなのではないか」「次の恋愛でもまた傷つけられるのではないか」と不安になってしまいますよね。

しかし、世の中にはさまざまなタイプの人がいて、皆がみんな過去の恋愛相手のような人ではありません。

まずはいろいろな異性に出会って、過去の恋愛相手とは違うところを見つけていくようにしましょう。異性の友人と会話をしたり、友人の恋人とのエピソードを聞いたりして、カップルにもさまざまなケースがあるということを実感してもいいでしょう。

有名人など、理想のカップルのエピソードを読むのもおすすめです。過去の恋愛に縛られず、新しい考え方を徐々に身に着けていくようにしましょう。

信頼できる友人や家族に相談してみる

信頼できる友人や家族には、積極的に相談してみるのも1つの手です。

マイナスな出来事に直面した場合、私たちはどうしても自分だけの考えにとらわれがちです。気持ちも落ち込んでいるので、ネガティブな考えから抜け出せずどんどん憂鬱な気分になってしまいます

そんなとき信頼できる友人や家族に相談してみると、自分では思いつかなかった意見がもらえることも。自分の気持ちも吐き出すことができるので、心が軽くなり、すっきりした気分になることができます

感情を言葉にすることで、よりトラウマを克服しやすくなるでしょう。

恋をすることで人生をより豊かにしよう

恋愛できない人の特徴や原因、恋愛するためのポイントをみてきました。

恋愛できない人は、他人に興味がなかったり、恋人といるより友人といた方が楽しく感じる傾向があります。また、単純に出会いがない。忙しいために恋愛ができないという場合も。

恋愛は無理にする必要はありません。焦って好きな人を作っても、ストレスを感じてしまったり、恋愛に振り回されてしまうこともあるでしょう。

しかし、恋愛には人との深い関わりの中で幸せを感じる、さまざまな感情を味わい新たな自分を発見するといったメリットもあります。「恋愛したい」と少しでも感じたら、ぜひ動き出してみましょう。

自分のペースで恋愛をして、人生をより豊かに楽しんでください。

RELATED ARTICLES
関連記事
NEW POST 新着記事
RANKING ランキング
RELATED ARTICLES
関連記事