恋愛に向いていないと感じるのはどんな時?恋愛向きじゃない人の特徴やそんな人が恋愛をするためのステップを紹介

自分は恋愛に向いていないのではと感じていませんか。

そこで、恋愛に向いていないと感じる人の特徴を紹介します。恋愛に向いていないと感じている人の中には、恋愛に向いていないのではなく、恋愛に消極的なタイプの人もいるため、見極めが大切です。

自分が恋愛に向いていないタイプなのか、恋愛に消極的なタイプなのかを知れば、恋愛に活かすことができるでしょう。

恋愛をポジティブに捉える対処法を実践すると、恋愛に向いていないと感じる人でも自分を変えられるかもしれません。

この記事では、恋愛に向いていない人の特徴や自分を変える5つの対処法を解説します。恋愛に向いていないと諦める前に、この記事で自分を変えるポイントを見つけてみてください。

目次
  1. 恋愛が向いてないと感じる瞬間とは?
  2. 恋愛が向いてないと感じる人の特徴とは?
  3. 恋愛に向いていない?消極的なだけ?見分けるポイントとは
  4. 恋愛に向いていない自分を変えたいあなたにおすすめの5つの対処法
  5. まとめ

恋愛が向いてないと感じる瞬間とは?

恋愛が向いていないと感じる瞬間はどのようなときでしょうか。

さまざまなきっかけで、自分が恋愛に向いていないと感じる場面があります。私生活だけではなく、仕事上での出来事がきっかけになることもあるでしょう。

人によって恋愛が向いていないと感じる瞬間は異なりますが、よくある5つのケースを解説します。

失恋したとき

失恋したときに、恋愛に向いていないと感じることがあります。

自分なりに相手に気持ちを伝えようと頑張ったり、相手に好かれようと努力したりしたつもりなのに、失恋してしまうと、自分の頑張りがムダになったような気がしてしまうかもしれません。

「自分は恋愛を頑張っても意味がないんだ」と感じると、恋愛に向いていないタイプかもしれないと思ってしまうでしょう。

失恋すると、どんなに頑張っても相手に気持ちが通じない、相手に好きになってもらえないと感じ、恋愛に向いていないと気持ちが落ち込んでしまうことがあります。

連絡を取ったり電話をすることが面倒だと感じたとき

恋愛をする上で、毎日のようにLINEをしたり電話をしたりすることは、仲を深めるために必要なことです。しかし連絡を取ることが面倒だと感じる時、自分は恋愛に向いていないと感じてしまうでしょう。

朝「おはよう」とLINEすることから始まって、夜「おやすみ」とLINEするまで、時間が許す限り連絡を取ることを面倒だと感じる人がいます。

1人でいるのに、相手に時間を割いているような気分になってしまうため、自分の時間が思うように取れないと不満を抱えることもあるでしょう。

恋愛にこまめな連絡は必要なことだと分かっていても、自分は連絡が面倒だと思ってしまうという矛盾に自分は恋愛に向いていないと思ってしまうことがあります。

友人の恋愛の話に共感ができない、興味を持てないとき

友人の恋愛話を聞いていても、ピンとこない、共感できないというときに、恋愛に向いていないと感じることがあるかもしれません。

友人が恋人の話をしていても「分かる!」と思うことがなく、興味が持てないときが多いと、恋愛の一般論についていけない気持ちになってしまうでしょう。

恋愛論は人によって異なり、全てに共感できるものではありません。自分の恋愛論と人の恋愛論があまりにも違うと、恋愛に向いていないのかなと感じてしまうことがあるでしょう。

1人で過ごす時間が苦ではないと感じたとき

1人で過ごす時間が苦ではないと感じるとき、恋愛に向いていないと感じるかもしれません。

1人で過ごしていて、なんだか寂しい気持ちになった経験がある人は多いものです。寂しい気持ちになったときに「恋人がいれば寂しくないのに」と恋愛がしたいと感じる人もいます。

しかし1人で過ごしていても苦ではなく、恋人が欲しいと思う瞬間がないと、自分は恋愛が必要ないタイプなのかなと思ってしまうでしょう。

1人で過ごしていても、やりたいことがたくさんあり、充実している状態なら、恋愛をしたい気持ちにはなりにくいかもしれません。

仕事や趣味以外に割く時間がないと感じたとき

仕事や趣味の時間が充実していて、恋愛に割く時間がないと感じてしまうとき、恋愛に向いていないと感じやすいです。

仕事や趣味に没頭していると、恋愛にまで手が回らず、恋人がいても別れてしまうことがあります。仕事や趣味を優先したとき、恋愛に向いていないと感じることがあるでしょう。

恋愛よりも優先したいものがあると、恋愛に時間を割くことさえ惜しくなってしまいます。

恋愛が向いてないと感じる人の特徴とは?

恋愛が向いていないと感じる人には、どのような特徴があるのでしょうか。

恋愛が向いていないと感じるタイミングもありますが、よく恋愛が向いていないと感じるなら性格にもその原因があるのかもしれません。

ここからは、恋愛に向いていないと感じる人の5つの特徴を紹介します。

恋愛以外に没頭できるものがある

恋愛以外に没頭できるものがあると、恋愛に向いていないと感じるかもしれません。

仕事や趣味など恋愛以外に没頭している人は、新たな出会いを求めることがなく、恋愛に目を向けることがほとんどないでしょう。

休みを恋人との時間に使うことはもったいないと思ってしまう傾向が強く、恋人ができても長続きせず別れてしまうことが多いです。

仕事や趣味といった没頭しているものと、恋愛の両立ができない人は、恋愛に向いていないと感じることがあるでしょう。

恋愛や恋人に対する理想が高い

恋愛や恋人に対する理想が高すぎると、恋愛がうまくいきません。理想の相手に出会うことがなかなかなく、付き合ってもすぐに別れると繰り返してしまうことがあります。理想が高すぎる人は恋愛に向いていないかもしれません。

見た目や経済力、学歴など相手を見るポイントは人によってさまざまです。理想が高すぎると、理想を満たす相手は見つかりません。妥協して付き合っても「やっぱり理想と違うから」とすぐに別れてしまうことがあるでしょう。

理想と自分の現状は合っているでしょうか。理想ばかりが高く、現実とかけ離れた相手を探そうとしていないかを考え、理想を見直す必要がありそうです。

他人に合わせることが苦手

他人に合わせることが苦手で、自分中心で物事を考える人は、恋愛に向いていない可能性があります。

恋愛は自分本位ではうまくいきません。自分の気持ちと相手の気持ちが重なることで、恋愛が成り立ちます。

他人に合わせることが苦手で、自分のことばかり考えている人はどんなことでも自分ファーストです。相手の都合を考えずにデートを決めてしまうといった行動で相手を困らせてしまいます。

自分を曲げることができないため、相手と喧嘩になることも多いでしょう。喧嘩ばかりのカップルになってしまい、自分は恋愛に向いていないと落ち込むかもしれません。

素の自分を出すことが苦手

相手に素の自分を出すことが苦手な人は、相手との関係をうまく築けない可能性があります。

恋愛をする上で、相手に素の自分を出すことや、相手が自分に素を出すことは大切です。着飾らずに接することが心の距離を縮めてくれます。

好きな人にしか見せられないような素の自分を、相手にだけは見せられるという特別感を相手は嬉しく思うでしょう。

しかし自分の素を出すことが苦手な人は、好きな人にも自分を出せずに壁を作ってしまいます。恋愛関係にあるのに素を出せないでいると「自分のことを信用してくれていない」と相手は感じてしまうかもしれません。

素の自分を出すことができないと、相手との関係を深めにくくなってしまいます。

恋愛について相談できる友人が少ない

恋愛について相談できる友人が少ないと、悩みを抱え込んでしまいます。恋愛の悩みを解決できず「自分はいつも恋愛の悩みを抱えている」と恋愛に後ろ向きな考えになってしまうでしょう。

恋愛はプライベートなことなので、誰にでも相談できることではありません。信頼できる友人に相談するのがよいでしょう。

恋愛について相談できる友人が少ない人は、悩み相談ができる相手がいないため、恋愛の悩みを抱えがちです。恋愛の悩みは1人で考えていても、なかなか解決できないことがあります。

恋愛相談ができる友人ができると、恋愛の悩みを解決しやすくなるでしょう。

恋愛に向いていない?消極的なだけ?見分けるポイントとは

恋愛に向いていないと思っているかもしれませんが、実は恋愛に向いていないのではなく、恋愛に消極的なだけの可能性があります。

恋愛に向いていない人と、恋愛に消極的な人にはどのような違いがあるのでしょうか。見分けるポイントを解説しました。

恋愛はしたいが、奥手な人の特徴とは?

恋愛はしたいと思っているけれど、恋愛に奥手な人はいるものです。では、恋愛に奥手な人にはどのような特徴があるのでしょうか。

奥手な人の特徴を3つ解説します。自分の行動や性格と照らしあわせてチェックしてみてください。

同性の友人は多いが、異性と話すと緊張する

奥手な人には、同性の友人は多いのに、異性の友達が少ない人がよくいます。男子校や女子高出身で、学生時代に異性と話す機会が少なかったことが影響しているケースもあるでしょう。

同性の友人とはワイワイと盛り上がれるのに、異性と話すと急に緊張して固まってしまうような人がいます。突然「天気がいいですね!」と話し始めたと思ったら、黙ってしまい、会話が終わってしまうなど、会話が続かないことが多いでしょう。

異性の扱いに慣れていないという人は、恋愛に向いていないというよりも、異性慣れしていないことから奥手な人です。積極的になりたいのになれない人なのかもしれません。

真面目

真面目すぎる性格で、隙がない人は、恋愛に消極的なタイプが多いです。真面目すぎるあまりに、恋愛をするチャンスがないまま学生時代を過ごしてしまったのかもしれません。

真面目で、派手に遊ぶような経験のない人には、恋愛につながる出会いをしてこなかった人がいます。中には、門限の厳しい家庭で育ったなどの理由から遊んだことがほとんどない人もいるでしょう。

このような真面目な人は、恋愛に向いていない人ではなく、恋愛の経験値が少ない人です。恋愛の経験値が増えれば、恋愛との関わり方も変わってくるでしょう。

マイナス思考やネガティブで自信がない

「どうせ自分を好きになってくれるような人はいない」とマイナス思考でネガティブな考えをしやすい人は、自分に自信がないため、恋愛に消極的です。

自己肯定感が低く、自分を好きになってくれる人はいないと決めつけて、恋愛を諦めてしまっている人はいます。そのような人は恋愛をしたいと本当は思っているのに、前に進めない奥手タイプです。
最初から恋愛を諦めていて、恋愛が向いていない以前に、恋愛経験が少ない人が多いでしょう。奥手であることから、恋愛に発展しにくいタイプです。

恋愛に向いていない自分を変えたいあなたにおすすめの5つの対処法


自分は性格的に恋愛に向いていないタイプなんだとショックを受けている人も、自分を変えることができます。自分を変えるためには、行動から変えてみましょう。

ここからは、恋愛に向いていない自分を変えたい人のために、5つの対処法を紹介します。ぜひ実践してみてください。

マッチングアプリを始めてみる

マッチングアプリを始めて、新しい出会いを求めてみましょう。恋愛に向いていないと消極的にならずに、積極的に出会いを求めると、新たな恋が始まるかもしれません。

今までの恋愛は受け身ばかりで、自分からアプローチすることがなかったという人は、マッチングアプリで自分からチャンスをつかみにいってはいかがでしょうか。

マッチングアプリを使ってみると、自分の周りにはあまりいないタイプの人と出会える可能性があります。

今までとは全く違う恋愛を始めることで、恋愛に向いていないと消極的な気持ちを前向きに変えられるかもしれません。

異性の友人を作る

最初から恋人を作ろうとせず、まずは異性の友人を作ることから始めてみましょう。

異性の友人ができると、異性ならではの考えの違いを知ることができます。異性の考えを友人として知ることで、異性との付き合い方を学べるでしょう。

友人といっても、異性です。一緒に遊んだり、飲みに行ったりしているうちに仲が深まり、恋愛に発展する可能性があります。

恋愛に向いていないと思うと、異性とコミュニケーションを取ることから逃げてしまう人がいます。異性の友人を作ることから始めれば、異性との付き合い方を知ることができるでしょう。

こまめに連絡を取ることを習慣づける

こまめに連絡を取ることが面倒で苦手という人は、こまめに連絡を取る習慣を作ると、恋愛に活かせるかもしれません。

男性でも女性でも、友人でも好きな相手でも、LINEをくれた人がいたら、めんどくさがらずに返信することが大切です。電話がかかってきたら、面倒とは思わずにとるようにしましょう。

こまめに連絡を取る必要はあるの?と疑問に思うかもしれませんが、連絡がくると嬉しいものです。こまめに連絡がくると「自分のことを気にかけてくれてるんだな」と感じてもらえます。

こまめな連絡が苦手という人は、LINEを返すこと、電話に出ることを実践して、恋愛に活かせるようにしましょう。

仕事や日常生活で異性に頼ってみる

仕事や日常生活で、異性に頼るようにすると、相手は「信頼されてるんだな」と感じて嬉しい気持ちになります。異性に頼って、心の距離を近づける努力をしましょう。

どんなことでも自分で解決しようとしすぎず、難しいときには誰かに頼ることが必要です。自分だけで頑張りすぎて、周りに頼らないと、周りの人たちを信用していないように思われてしまうことがあるでしょう。

適度に人を頼ることで、信頼関係が生まれます。特に異性に頼られると、キュンとする人は多いのではないでしょうか。異性に頼って、可愛さをアピールするチャンスです。

ただし、頼りすぎると相手に面倒がられてしまったり、相手に依存しすぎてしまったりする可能性があるため、適度に頼るようにしましょう。

恋愛がしたくなるまで待ってみる

恋愛に向いていないと思うと、なかなか気持ちが新たな恋に向けて動かないことがあります。そのようなときには、無理に恋愛をしようとせず、自然と恋愛がしたくなるまで待ってみるとよいでしょう。

過去の恋愛に傷ついた経験から、恋愛をしたくない気持ちになってしまっている人もいるのではないでしょうか。気持ちと向き合い、傷を癒すには時間がかかります。

無理に恋愛をしなくても、新たに好きな人ができたり、恋愛を始めたいと思うようになれば、自然と恋愛をリスタートできるはずです。無理せずゆっくりと進んでみましょう。

まとめ

失恋したり、1人で過ごしても苦ではないと感じたりするときに、自分は恋愛に向いていないと思うことがあります。

恋愛以外に没頭するものがあったり、他人に合わせることが苦手だったりする人は、特に恋愛に向いていないと感じる時があるかもしれません。

また、自分は恋愛に向いていないと思っていたけれど、実は恋愛に奥手なだけという人もいます。

本当は恋愛をしたいのに、恋愛に向いていないから恋愛ができないというときには、マッチングアプリを始めるなど5つの対処法を実践してみてください。恋愛に向いていないと諦めず、少しずつ恋愛に向けて進むことが大切です。

RELATED ARTICLES
関連記事
NEW POST 新着記事
RANKING ランキング