失恋した時に立ち直る方法とは?おすすめの曲や映画も紹介

「失恋してしまって辛い」「早く立ち直れる方法は?」
このようにお悩みの方もいるのではないでしょうか。

失恋した時は無理に忘れようとせず、自分の気持ちに寄り添うことが立ち直るための近道です。
失恋から立ち直ることで仕事や勉強にも集中できるようになり、新しい恋が始まる可能性もあります。

この記事では、失恋した時の立ち直りかたやおすすめの曲・映画を紹介します。
これから紹介する立ち直りかたを試して、新しいステージに進んでいきましょう。

目次
  1. 失恋した時に起こりがちな症状とは
    ・男性のほうが失恋を引きずりやすい
    ・やる気が起きなくなる
    ・新しい恋を考えられない
    ・夜眠れなくなる
  2. 失恋を引きずってしまうのはなぜ?
    ・楽しい思い出が多いから
    ・毎日会うから忘れられない
    ・今後いい人に出会えないと思ってしまうから
  3. 失恋した時の立ち直る方法をアドバイス
    ・泣きたいだけ泣く
    ・考えや感情を紙に書き出してみる
    ・新しい恋を見つけ始める
    ・失恋をポジティブに受け止めきっかけにする
    ・外に出て遊ぶ
    ・仕事や勉強にのめりこむ
  4. 失恋した時に見たい映画3選
    ・『ホリデイ』/-監督:ナンシー・マイヤーズ
    ・『マイ・ブルーベリー・ナイツ』/監督:ウォン・カーウェイ
    ・『花束みたいな恋をした』/監督:土井裕泰
  5. 失恋した時に聴きたい曲3選
    ・『Lemon』米津玄師
    ・『Pretender』Official髭男dism
    ・『366日』 HY
  6. 失恋した時にやってはいけないこと
    ・無理に忘れようとする
    ・自分が全て悪いと思う
    ・自信を失う
  7. 失恋から立ち直って次のステージに進もう

失恋した時に起こりがちな症状とは

失恋した時は、以下のような症状が起こりやすいです。

  • 男性のほうが失恋を引きずりやすい
  • やる気が起きなくなる
  • 新しい恋を考えられない
  • 夜眠れなくなる

こちらでは、上記4つについて詳しく見ていきましょう。

男性のほうが失恋を引きずりやすい

失恋した時は、男性のほうが失恋の傷を引きずりやすい傾向があります。
女性は辛い経験をしたとき、友人などの信頼できる他者に打ち明けられる方が多いです。
しかし、男性は打ち明けられない方のほうが多いため、ネガティブな気持ちを自分の中に持ち続けてしまいやすいです。

アドバイスをもらう機会も少ないため、失恋したことで起きている問題を解消しづらいでしょう。

やる気が起きなくなる

失恋した時は、やる気が起きなくなる方が多いです。
大好きな人を失うことで心にぽっかりと穴が開き、無気力状態に陥ってしまいます。

「もうどうでもいい」などと思ってしまい、実際に会社や学校などを休んでしまう方も少なくありません。

また、失恋のショックで「何も考えたくない」という気持ちから無気力になった場合も、そのことが余計に辛く感じてしまうこともあるでしょう。

特に生活の大部分が恋愛になっていた方は、失恋後にやる気が起きなくなる傾向があります。

新しい恋を考えられない

失恋のショックが大きすぎて、新しい恋を考えられなくなる方もいます。
あまり良い思い出がなく失恋してしまった場合、「次の恋愛もうまくいかないにきまっている」とふさぎこんでしまうこともあります。

たとえば付き合っていた恋人に都合よくあしらわれていたり、あまり大切にしてもらえなかったりすると、付き合っていたことさえ記憶から消してしまいたくなるでしょう。

うまくいったことや良い思い出がなく失恋してしまうため、新しい恋を考えられなくなります。

夜眠れなくなる

失恋後に眠れなくなってしまう方もとても多いでしょう。
寝る前は一日の最後でゆっくりと自分と向き合うことができる時間のため、知らないうちに失恋のことを思い出し、眠れなくなってしまいます。

振られたときのことや、付き合っていたときの楽しかった思い出まで脳内で再生されてしまうこともあるでしょう。
胸が苦しくなり、涙が出てきてしまうかもしれません。

さらに、眠たくても眠れず、「考えないようにしないと」「早く寝ないと」と焦る気持ちで、余計に眠れなくなってしまうこともあるでしょう。

失恋を引きずってしまうのはなぜ?

失恋を引きずってしまうのは、元恋人を頭の中で過剰に美化している可能性があります。
そのことから「この人以上の人は現れない」と、決めつけてしてしまうことで余計に引きずってしまうのではないでしょうか。詳しくは以下の通りです。

楽しい思い出が多いから

楽しい思い出が多く、過去ばかりに目を向けてしまうことが失恋を忘れられない原因の1つです。
今まで当たり前のように過ごしてきた日々が、別れた途端突然終わりを迎えます。
失ってから初めて、当たり前の日々がとても楽しかったことに気づく場合もあるでしょう。
失ってから気づいても、終わってしまってはどうしようもありません。
どこにもぶつけようがない気持ちから、楽しかった過去にすがってしまっている可能性もあります。

毎日会うから忘れられない

職場や学校で毎日会う場合も、引きずってしまう可能性が高いです。
少し前まで一緒に笑い合っていた相手です。忘れようとしていても、会うたびに思い出してしまうでしょう。

相手に新しいパートナーができたなら、まだ吹っ切れることができるかもしれません。
しかし、お互いに恋人がいない場合には恋人同士に戻れるのではないかと期待してしまうこともあるでしょう。
忘れようと思っていても毎日顔を合わせることで忘れられる時間がなく、引きずってしまいます。

今後いい人に出会えないと思ってしまうから

今後いい人に出会えないと思ってしまっていることで、失恋を引きずってしまうこともあります。失った相手との思い出は、どんどん美化されていくことが多いです。
たとえたくさん喧嘩をして、嫌な思いをして別れたとしても、良い記憶ばかりが思い出されることもあるのではないでしょうか。
幸せだった記憶ばかりが蘇り「あの人以上の人はいない」と思ってしまうことが、引きずってしまう原因になるのでしょう。

失恋した時の立ち直る方法をアドバイス

失恋して落ち込んでいる時間は、とても辛く苦しいものです。
できることなら、この状況から一刻も早く立ち直りたい!と思っている方も多いでしょう。
こちらでは、失恋した時から立ち直る方法を紹介します。

泣きたいだけ泣く

泣きたいときは、泣きたいだけ泣いてみてください。
泣くことを我慢しすぎることは、感情に無理やり蓋をしているのと同じで、立ち直るのが遅れてしまうこともあります。

大人になってからはなかなか泣けない方もいるかもしれませんが、1人になって思い切り感情に浸ってみましょう。
封じ込めていた気持ちを開放して、元恋人のことを思い出したいだけ思い出してみるのも良いです。

泣くことで胸のつかえがとれ、ストレス発散にもなります。たくさん泣けば、すっきりするかもしれません。

考えや感情を紙に書き出してみる

今考えていることや感情を、全部紙に書き出してみてください。
紙に書いて可視化することで、気持ちの整理ができるようになります。
納得できない気持ちや辛い気持ちなど、全て吐き出してみましょう。
誰に見せるわけではないため、書いてあることが矛盾していても構いません。
とにかく思い浮かんだ考えや感情を書き出してみてください。
客観的に自分を見つめられることで気持ちに整理がつき、立ち直りが早くなるでしょう。

新しい恋を見つけ始める

新しい恋に目を向けてみるのも良いです。
過去にすがってしまっている場合、新しい恋に期待することで立ち直りが早くなる可能性があります。

「この人以上の人はいない」と思い込んでしまっている場合にも、他の異性に目を向けることで「他にもたくさんいい人はいるかもしれない」と思えるようになるでしょう。

また、出会い探しなど新しいことを始めることにもなるため、過去のことばかり考える時間が減っていくきっかけになるかもしれません。

失恋をポジティブに受け止めきっかけにする

失恋をポジティブに受け止めることは、立ち直るきっかけになるためおすすめです。
失恋した時に、後悔や自分を責める気持ちが大きいといつまでも思い悩んでしまいがちです。
しかし、失恋で学んだことをこれからに活かそうと思うことで、気持ちが前向きになれるかもしれません。

戻らない過去に意識を向けることはやめて、これからの未来に意識を向けることでどうしようもなく苦しい気持ちからも抜け出せるでしょう。

外に出て遊ぶ

外に出て遊ぶことも、立ち直るための良い方法です。
失恋した時には、1人で家にこもってしまう方もいるでしょう。
ふとした瞬間に泣いてしまうかもしれない、暗くて周りに迷惑をかけてしまうかもしれないと思う気持ちからなかなか外に遊びに行けない方も多いです。

しかし、そんな時こそ外に遊びに行ってみてください。
気分転換になり、相手のことや思い出を振り返る時間も減るでしょう。
遊んでいるうちに気持ちがすっきりして、早く立ち直ることができるでしょう。

仕事や勉強にのめりこむ

仕事や勉強にのめり込むことも、1つの方法です。
気がまぎれるため、早く立ち直ることができる場合もあります。。

この機会に、やってみたかったことや挑戦してみたかったことを始めることもおすすめです。
没頭しやすく、失恋のことなど忘れてしまうかもしれません。
のめり込んだ仕事や勉強で成果が出れば自信にも繋がり、立ち直りが早くなるでしょう。

失恋した時に見たい映画3選

失恋した時は、映画を観ることもおすすめです。
主人公になりきってたくさん泣くことで、気持ちがすっきりするでしょう。
映画のワンシーンで、立ち直るきっかけになるセリフが聞けるかもしれません。
こちらでは、失恋した時に観たい映画を3つ紹介します。

『ホリデイ』/-監督:ナンシー・マイヤーズ

『ホリデイ』は、4人の恋愛模様で構成されたラブストーリーです。

アイリスは元彼に片思い中ですが、元彼には新しい恋人がいて婚約していることを知ってしまいます。
自殺したいほど辛い日々でしたが、元彼を忘れるために自宅交換サイトを利用して休暇を過ごすことにしました。
一方アマンダも恋人の浮気で別れを決意し、同じサイトでアイリスの家を見つけます。

そこでアマンダはアイリスの兄・グレアムと出会い、アイリスはアマンダの元恋人の友人・マイルズと出会います。

グレアムはシングルファザー、マイルズにも恋人がいて浮気現場を目撃するなど、さまざまな問題を乗り越えて最後は笑っている4人を見ると、失恋して辛い気持ちもポジティブに切り替えられるでしょう。

『マイ・ブルーベリー・ナイツ』/監督:ウォン・カーウェイ

『マイ・ブルーベリー・ナイツ』は、失恋した男女が長い時間をかけて心の傷を癒し、恋人同士になるというストーリーです。

カフェの店主・ジェレミーは、彼氏に振られたばかりの女性客エリザベスと出会います。
エリザベスはジェレミーに慰められますが、元彼を忘れられずに思い悩みます。
しだいに距離が近づく2人ですが、ある日彼女は旅に出てしまうのです。
エリザベスはその旅で多くの人と出会い、さまざまな経験をすることになります。

300日の旅を終えニューヨークに戻ってきたエリザベスは、ジェレミーと再会します。
1年近くかかり、ようやく2人は恋人同士になるのです。

多くの出会いと時間が、失恋した心の傷を癒してくれることが感じられる映画です。

『花束みたいな恋をした』/監督:土井裕泰

『花束みたいな恋をした』は、共感できる方が多い純愛を描いた映画です。
偶然、趣味や好みが驚くほど似ている麦と絹が出会い、自然に恋に落ちた2人は同棲を始めます。

順調に交際を進めていく2人は、お互いの夢を叶えることを目指しフリーター生活を送ります。しかし、しだいに生活苦に悩むようになり麦は就職を決めることにしました。
一方で絹は変わらぬ日々を送っていましたが、そこから少しずつ2人の価値観がずれ始めたのです。
長い間一緒にいた2人ですが、やがて別れを選びます。

どれだけ運命的に出会って幸せな時間を過ごしても、少しの亀裂から関係が崩れてしまうことに自分を重ねてしまう方は多いでしょう。
離れることは辛いけど、一緒にいる選択もできない切なさに涙があふれる作品です。

失恋した時に聴きたい曲3選

失恋して切なくて苦しいときには、失恋ソングに頼ってみることもおすすめです。
歌詞を自分に重ね合わせることで、思い切り泣けるでしょう。
たくさん泣いた後は、また笑顔になれるはずです。
こちらでは失恋した時に聴きたい曲3つを紹介します。

『Lemon』米津玄師

1曲目は米津玄師の『Lemon』です。
大切な誰かを失った悲しみを歌った歌詞と、独特の曲調が心に響きます。

歌い出しの「夢ならばどれほどよかったでしょう」という部分は、別れてしまったことが現実でなければ良かったのに、という気持ちを表しているのでしょうか。
この気持ちは、失恋した後に毎朝感じるという方も多いでしょう。

今でも忘れられない人のことを歌っているようで、曲名通り酸っぱくて苦い気持ちが胸に染みてしまう曲です。

『Pretender』Official髭男dism

Official髭男dismの『Pretender』も、失恋ソングとして有名です。
叶わない恋を歌った歌詞でありながら、明るい曲調でポジティブになれる曲です。
どの年齢層の恋愛模様にも重ね合わさせられるため、感情移入してしまう方は多いでしょう。

「グッバイ」で始まるサビが始まった途端、気持ちがあふれて胸が締め付けられてしまいます。そして、締めくくりの「君は綺麗だ」という歌詞は、どれだけ叶わなくても好きな気持ちが伝わり共感してしまうでしょう。

『366日』 HY

失恋ソングの代表曲といえば、HYの『366日』です。
どうしても忘れられない人がいるときに聞きたい曲です。
相手の顔だけでなく匂いや仕草までが忘れられず、切ない気持ちが詰め込まれています。

忘れられたら楽なのはわかっているけど、それでもいい・それでも好きだと思うしかない、失恋の苦しさがあふれ出してしまうでしょう。
歌い方にも感情がこもっており、感情移入しやすい曲です。

失恋した時にやってはいけないこと

失恋した時に、やってはいけないことが3つあります。
この3つを失恋した時にやってしまうと、かえって立ち直ることが遅くなってしまう可能性があります。
以下では、早く立ち直って新しいステージに行くためにやってはいけないこと3つを紹介します。

無理に忘れようとする

失恋から早く立ち直ろうと、無理に忘れようとすることは止めたほうが良いです。
忘れよう忘れようと考えてしまうことで、かえって忘れられなくなり自分を苦しめてしまいます。

無理に忘れようとせず、まずは今の自分の気持ちをしっかりと見つめることが大切です。
1度「すぐには忘れられない」「大好きだった」と認めたほうが、感情が消化しやすくなります。

無理に忘れようとすると、押さえこんだ感情がいずれ爆発してしまい気持ちが大きくなってしまうでしょう。

自分が全て悪いと思う

失恋の原因が、全て自分にあるとは思わないようにしましょう。
失恋の原因が全て自分にあると考えてしまうことは、失恋を引きずり続けてしまうことにつながります。
恋愛は2人でするものです。「自分がもっとこうすればよかった…」と後悔してしまう気持ちもわかりますが、どちらかに100%非があるケースは少ないです。
たとえ振られたとしても、「自分が悪かったから振られたんだ」と思う必要はありません。

自信を失う

自信を失ってしまうことが、新しい恋が遠ざかってしまう原因になることもあります。
失恋したことよりも、自信を失うことで暗い印象になり魅力が減ってしまうためです。

失恋したことと、あなたの魅力はイコールではありません。
1人のお相手との恋が終わったからといって、「自分が魅力的ではなかったからだ….」とは思わないようにしましょう。

たとえ失恋したとしても、あなたの魅力は変わりません。自信を失わないようにしましょう。

失恋から立ち直って次のステージに進もう

失恋した時は、無理して忘れようとしないことが大切です。
失恋ソングや映画を観て、たくさん泣きましょう。
モヤモヤした気持ちがすっきりして、心のデトックスになります。

また、失恋したことをポジティブに捉え、次の恋に活かしていくのもおすすめです。
そうすることで自分を振り返ることができ、より魅力的になれるかもしれません。
少しずつ立ち直っていくことで、新しいステージに進めるようになるでしょう。

RELATED ARTICLES
関連記事
NEW POST 新着記事
RANKING ランキング
RELATED ARTICLES
関連記事