マンネリ化した彼氏への対処法やマンネリの予防法とは?カップルがマンネリ化してしまう原因を解説

最近、彼氏とマンネリ化してきた…と悩む人は少なくありません。

そもそもマンネリ化とはどのような状態なのでしょうか。マンネリ化する原因とマンネリ化を解消する方法を解説します。

マンネリ化するのには、いくつか原因があります。マンネリ化する原因を知れば、予防や解消に役立てることが可能です。

この記事では、マンネリ化する原因やマンネリ化の予防法と解消法、マンネリ化が原因で別れるときの方法について詳しく解説します。

彼氏とのマンネリ化で悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

目次
  • マンネリ化って何?
  • 彼氏とマンネリ化してしまう原因とは?
  • 彼氏とマンネリ化しないための予防策や解消法とは?
  • マンネリ化が辛くて彼氏と別れる際におすすめの方法とは?
  • まとめ

マンネリ化って何?

「マンネリ化」という言葉を何気なく使っているけれど、意味をしっかり理解せずに使っているという人は多いのではないでしょうか。

マンネリ化について知ると、今マンネリ化した状態なのかがハッキリするでしょう。ここからは、マンネリ化について詳しく解説します。

マンネリズム化してしまうということ

マンネリ化とは、マンネリズムというイタリア語から使われるようになった言葉です。

マンネリズムとは、芸術家が同じ技法や形式ばかりを惰性的に繰り返し、想像性や新鮮味のない制作を行うことを指します。

芸術家に対して使われていた言葉が、一般的に現状維持と同じような意味で使われるようになり、マンネリ化という言葉で広まったのです。

マンネリ化とは、新鮮味を失った状態と考えるとよいでしょう。

マンネリ化はどんな時に起こる?

付き合ったばかりの頃は、一緒に過ごす時間が特別で、全てが新鮮に感じていたのではないでしょうか。付き合っていくうちに、同じデートばかりになるなど、新鮮さが失われ、マンネリ化していきます。

恋愛に限らず、同じことを繰り返すことでマンネリ化することが多いです。

人によってマンネリ化したと感じる基準は違い、カップル間でも危機感を感じる基準が異なる場合があるでしょう。

マンネリ化した後には、飽きがきて、別れという流れになる可能性があります。マンネリ化はできるだけ避けたいものです。

恋愛におけるマンネリ化とは?

恋愛においてマンネリ化した状態だとどのようなことが起きるのでしょうか。

  • 連絡をあまり取らなくなる
  • オシャレをしなくなる
  • 相手のことを考える時間が減る
  • スキンシップが減る
  • デートが減る
  • 喧嘩が増える
  • ドキドキすることが減る

このようにいいように捉えれば、落ち着いた恋愛に近づき、まるで熟年夫婦のような雰囲気で安定感があります。

しかしカップルでマンネリ化した状態では、将来的に冷めきった関係になってしまうかもしれません。マンネリ化を感じたときには、解消できるように努めたほうがよいでしょう。

彼氏とマンネリ化してしまう原因とは?

彼氏とマンネリ化してしまうのは、どうしてでしょうか。彼氏とマンネリ化する原因を5つ解説します。

彼氏とマンネリ化する原因を知れば、マンネリ化の予防や解消に役立てることができるでしょう。マンネリ化したくない人は、ぜひ参考にしてください。

慣れてきて新鮮さがない

一緒にいる時間が増えてくると、慣れが出てきて、新鮮味がなくなってしまいます。同じことの繰り返しと感じてしまい、マンネリ化を感じることがあるでしょう。

付き合い始めは、一緒にいるということだけでも新鮮で、一緒に過ごす時間を貴重に思うものです。

次第に一緒にいることが当たり前になり、お互いの存在に慣れてしまいます。慣れが出てくると、どんなことでも新鮮に感じていたときと比べると、マンネリ化を感じてしまう人は多いでしょう。

話すことがなくなって会話が続かない

最初のうちは、お互いに知らないことが多くありますが、話すことが増えると、知っていることばかりになります。

一緒にいる時間が増えるほど、一緒に経験することが増えるため、報告することが減ってしまうでしょう。

特に、同棲をスタートさせることで、話すことが減り、会話がどんどん無くなるカップルは多いです。

相手への関心が薄れることで、相手に聞きたいことが無くなるのも会話が減る原因でしょう。

おうちデートが多い

たまにはのんびりとおうちデートもよいですが、おうちデートばかりだとマンネリ化してしまいます。

外食ばかりしていると、デート代が高くなってしまい、頻繁に会うことが負担になってしまうことがあるでしょう。

おうちデートなら自炊ができて、さらにのんびりと2人きりで過ごせるため、ついおうちデートが増えがちなカップルは多いです。

おうちデートも楽しいですが、おうちデートだとだらだらと過ごしてしまい、お互いにゲームや動画を見ているだけで、デートをしていると言えない状態になることもあるでしょう。

刺激の少ないおうちデートばかりになると、マンネリ化しやすくなってしまいます。

外にデートにでかけてもいつも同じような内容

最初はどんなことでも新鮮に感じていたのに、いつも同じ飲食店ばかりで外食をするなど、同じようなデートが多くなってしまいがちです。

カップルでお決まりのお店があるのは、仲が良い証のようなところがありますが、あまりに同じところばかりにいっているとマンネリ化してしまうかもしれません。

デートをすることになっても「どうせあのお店に行くだけでしょ…」と、楽しみを見いだせなくなってしまうことがあるでしょう。

共通の趣味がない、趣味が合わない

共通の趣味がないと、一緒に趣味を楽しむことができません。無理に相手の趣味に合わせようとしても、趣味が合わないと楽しくないものです。

共通の趣味があるカップルは、趣味を一緒に楽しむことができるため、趣味を通していつも新鮮な気持ちになれます。

元々趣味が合わないカップルは、2人で楽しめる趣味を作ろうとしても難しく、2人で楽しめることが少なくなってしまうこともあるでしょう。

2人で楽しめることが少ないと、同じことばかりになり、マンネリ化してしまう可能性があります。

彼氏とマンネリ化しないための予防策や解消法とは?

誰でも彼氏とマンネリ化したくはないものです。マンネリ化しないためには、マンネリ化する前に予防する必要があります。

すでにマンネリ化してしまったカップルの場合は、そのままでいてもマンネリ化は解消できません。マンネリ化解消のために行動しましょう。

ここからは、マンネリ化を予防する方法と解消する方法について詳しく解説します。

【マンネリの予防法】日ごろから彼氏に好きと伝える

マンネリ化しないためには、日ごろから彼氏に好きという気持ちを伝えましょう。

マンネリ化してくると、あなたがいることが当たり前になってしまい、好きかどうかも分からなくなってしまうことがあります。存在が当たり前すぎて、特別な感情が無くなってしまうためです。

マンネリ化して気持ちが分からなくならないために、彼氏に日ごろから好きと伝えましょう。気持ちを伝えることで、彼氏の中でも好きという気持ちを再認識できるはずです。

また、好きと言われるとドキッとするため、ときめきが戻ってきます。ときめく気持ちを忘れないためにも好きと伝えることは大切です。

【マンネリの予防法】定期的に行ったことのない場所にデートに行く

いつも同じ場所ばかり行っているとマンネリ化してしまうかもしれません。定期的に新しい場所にデートに行き、マンネリ化を防ぎましょう。

毎回違う場所にデートに行こうとすると、疲れてしまいますが、月に1回は新しい場所に行くと決めるなどして、定期的に行ったことのない場所にデートに行くことがおすすめです。

行ったことのない場所に行くと、新鮮さのあるデートができます。

2人ともが行ったことのない場所でもOKですが、片方が行ったことのない場所でもOKです。

行ったことがある方が案内をする形でデートをするのも新しいデートの楽しみ方になるでしょう。

【マンネリの予防法】記念日や彼氏の誕生日でサプライズをする

一緒にいることが当たり前になってくると、記念日を祝うことが減ります。何度も彼氏の誕生日を祝ううちに、いつも同じ祝い方になってしまうこともあるでしょう。

お祝いの日をマンネリ化させないために、サプライズを計画するのがおすすめです。

いつもと違うケーキを準備してみたり、記念日を忘れているふりをして簡単なプレゼントを渡してみたりと、サプライズならどんなことでもよいでしょう。

サプライズが苦手な人はいますが、大きなサプライズをしなくてもOKです。サプライズをすると、記憶に残ります。

記念日や誕生日をサプライズでお祝いすれば、さらに特別な日になるでしょう。愛情を深める機会になります。

【マンネリの解消法】1人で過ごす時間を増やしてみる

一緒にいる時間が長すぎるとマンネリ化することがあります。思い切って、1人で過ごす時間を増やしてみると適度な距離感を保てるでしょう。

毎週デートをすることが当たり前になっていたり、ほぼ同棲状態になっていたりすると、一緒にいることが特別だと感じにくくなります。

1人で過ごしていると「彼女と一緒だったらもっと楽しいのにな」と感じ、2人でいることの大切さを実感できるでしょう。

一緒にいることの大切さを感じるためにも、1人の時間を作りながら、カップルの時間も作ることがおすすめです。

【マンネリの解消法】仕事や趣味に費やす時間を増やす

仕事や趣味に費やす時間を増やして、自分に投資する時間を作りましょう。仕事や趣味に没頭しているうちに、カップルで過ごす時間の大切さを実感するようになるかもしれません。

仕事に打ち込んでいると、充実する一方で疲れを感じます。癒しを求めると、彼女に会いたいと自然と思うようになるでしょう。

いつもの流れで会うのではなく、会いたい気持ちから会うと、気持ちの高まりを感じられるはずです。

お互いに仕事や趣味に費やす時間を作り、相手の存在が大切だと再認識できるようになると、マンネリ化は解消できるかもしれません。

【マンネリの解消法】イメチェンしてみる

イメチェンして、彼氏を驚かせてみましょう。一緒にいる時間が増えると、身なりを気にしなくなってきてしまうことがあります。見慣れた格好ではなく、思い切りイメチェンをして、彼氏をドキッとさせましょう。

いつもすっぴんでおうちデートばかりしていると、ときめきが少なくなってしまいます。

髪型を変えたり、アクセサリーにこだわってみたり、メイクを変えてみたりすると、彼氏はあなたの魅力にもう一度ときめくはずです。

【マンネリの解消法】二人の思い出の場所でデートする

2人の思い出の場所でデートをすると、デートしたときを思い出して、その当時のドキドキ感がよみがえってきます。ドキドキを味わうことで、マンネリを解消できるかもしれません。

初めてのデートで行った場所、初めて手を繋いだ場所など、思い出の場所に行ってみましょう。まだ初々しかったときの思い出を2人で話しているうちに、ときめきが戻ってくるかもしれません。

ドキドキ感をもう一度感じられれば、マンネリ解消の兆しがあります。

【マンネリの解消法】旅行に行ってみる

いつものデートなど、いつも一緒なことばかりで飽きを感じているカップルは、旅行に行くと新鮮な気持ちを思い出せるでしょう。いつもとは違うデートをして気分転換をしたら、マンネリを解消できるかもしれません。

2人で一緒にいても同じことの繰り返しで、マンネリ化しているというときには、旅行に行ってみましょう。行ったことのない場所に行くと、非日常を感じられ、盛り上がるはずです。

マンネリ化が辛くて彼氏と別れる際におすすめの方法とは?

マンネリ化してしまい、マンネリ化を解消することが難しいというときには、別れを決断するしかないかもしれません。

マンネリ化が進むと、気持ちが冷めて、別れを考えるようになりやすいです。そこまでマンネリ化が進んでしまっては、改善しようという気持ちを持つことができなくなってしまうでしょう。

マンネリ化がつらくて彼氏と別れるときに、おすすめの方法を3つ解説します。別れを決断するときには、参考にしてください。

別れることを決断したら迷わない

別れることを決断したら、迷ってはいけません。迷いながら彼氏に別れを告げても、気持ちが固まらず、うまく伝えられないことがあります。

彼氏に別れを告げるときは、別れることを決断した後です。まだ決断しきれていないなら、別れを切り出してはいけません。はっきりと別れを告げる決意をしてから別れを告げましょう。

マンネリ化の原因はお互いにあると認める

マンネリ化したのは彼氏だけが原因ではないはずです。お互いが好きな気持ちを伝えなかったり、新鮮な気持ちになれるデートをしたりといった努力をしてこなかったことに原因があります。

「あなたが悪い」と彼氏に別れた原因を押し付けず、お互いが歩み寄れなかったことが原因だと認めて、2人で幸せになることはできないことを説明しましょう。

お互いに原因があると思えば、彼氏としても別れを認めざるを得ないのではないでしょうか。

別れる際ははっきりと別れを告げる

別れを決断したなら、迷わずに彼氏に別れを告げましょう。曖昧な態度を取ると、うまく別れられないことがあります。

「好きだけど、マンネリしちゃったから別れたい」というように、まだ可能性があるような言い方をすると、うまく別れられません。「マンネリ解消するから、別れないでおこうよ」と言われてしまうと、困ってしまうでしょう。

「曖昧な態度を取っている間はまだ気持ちがあるかもしれない」と彼氏に希望を持たせてしまいます。曖昧な言い方で彼氏に希望を持たせず、はっきり伝えることが最後の優しさです。

まとめ

マンネリ化とは、新鮮味を失った状態のことです。カップルでマンネリ化すると、連絡が少なくなったり、いつも同じ場所でばかりデートをしたりとドキドキすることが減ってしまいます。

マンネリ化する原因は、慣れてきたこと、会話が続かないことなどさまざまです。マンネリ化しないようにするためには、新鮮さとドキドキ感を大切にできるように、旅行に行くなどの対策を取る必要があります。

マンネリ化が続けば、別れを決断しなければならなくなることもあるでしょう。別れを選ばないようにするためにも、新鮮さを失わないことが重要です。

RELATED ARTICLES
関連記事
NEW POST 新着記事
RANKING ランキング