2022.10.14 Omiaiレポート

男と女の恋愛経済学〜③付き合うまでに何回デートして、いくら使った?〜

大好評、男と女の恋愛経済学、前回までの2つの記事ではデートに使う金額を調査し、「20代は割り勘傾向」など支払い感覚の差が明らかになってきました。 続く後半の3記事では、「付き合うまでのデート数や費用」、「おごる・おごられる?の支払い感覚」など、気になるおサイフ事情を、独身で恋人がいる男女464名に調査した結果を元にお届けしていきます。そして後半でも引き続き「恋愛学」の権威として知られる早稲田大学国際教養学部教授・森川友義先生にご登場いただき、学術的知見からお話いただきました。

全5回に分けてお届けする「男と女の恋愛経済学」、第3回となる今回は付き合うまでの道のりに、いったいどれだけのお金を使っているの? という疑問について、デートした回数と1回当たりのデート費から、年代別のコスパを分析した独自レポートを届けします。今回のレポートで明らかになったのは、なんと20代女性が、最もお金と時間をかけているという結果。さらに、一番安く、時間もかけずサラッと付き合っていたのは、あの40代男性でした! ではその実態を見てみましょう。

20代女性がコスト高!40代男性はコスト低!

20代女性は、付き合うまでにデートを6.3回も重ね、しかも1回当たり10,000円も使っているという驚きの結果が判明しました。これは森川先生も編集部も想定しなかった結果だったので、注目すべき点として引き続き深掘り調査をしていきたいと思います。
逆に、デート費もかけずに、すぐ付き合ってしまうというデータが出てしまった40代男性。平均2.8回で付き合っているのは、コスパに長けた驚愕の成功率とでも言うべきなのでしょうか…。
付き合うまでのデートの回数は、男女ともに3回が多いですが、それよりも多いのが「なし」という結果! デートをせずに付き合った人が、3割もいるデータの裏には何があるのでしょう。森川先生に伺いました。

教えて!森川先生

付き合うまでに支払う「キスの値段」は年齢が上がるほど減少傾向に

付き合う=キスと捉え、付き合うまでに支払う額を私は「キスの値段」と呼んでいます。
1回目は単なる食事デート、2回目で手をつなぎ、3回目で告白・キスという流れを平均値とします。1回目のデートで10,000円おごるとすると、男性は1回のデートで20,000円支払うことになり、それを3回繰り返すわけですから60,000円がキスの値段となります。

年齢が上がるほど、即断できる情報が増えてセックスに対しての価値も減るので、交際に至る回数は減少傾向です。約23,000円で済んでいる40代男性にとっては恋愛しやすい時代ですが、約64,000円もかけている20代女性にとっては、金銭的な負担が大きく恋愛し難い時代です(グラフ⑩)。
もしかしたらマッチングアプリなどで出会った場合、学校や社内での出会いよりも相手の情報が少ない状態からスタートするので、より慎重になるのかもしれません。

付き合うまでのデート回数なしの人が多いのは、LINEで恋愛する時代だからでしょう。ちなみに「恋愛学入門」のアンケートでも、スマホ告白経験の割合が男子37.7%、女子19.8%と高い結果でした。

早稲田大学 国際教育学部 教授

森川友義先生

政治学博士。1955年群馬県生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒、ボストン大学政治学修士号、オレゴン大学政治学博士号。国連専門機関勤務後、アイダホ州立ルイス・クラーク大学助教、オレゴン大学客員准教授を経て、現職に至る。早稲田大学で「恋愛学入門」担当。専門分野は日本政治、恋愛学、進化政治学。「恋愛学」の著書は『一目惚れの科学』、『恋愛学で読みとく文豪の恋』、『結婚は4人目以降で決めよ』等多数。

コラム FP芸人 さんきゅう倉田さんに聞く!

お金のやりくり術①

―ポイントやクーポンなどでお得にデートする場合、何がおすすめですか?
ポイントや交通機関の早割、クーポンなどいろいろありますが、付き合う前、付き合っている、同じサイフで暮らしているなど、交際レベルによってパートナーの印象が違うと思うんです。
特にクーポン利用は合コンでギリ、デートではダサいと思われがちなのでNGです。マッチングアプリで出会って、1回2回目のデートだったら絶対に印象は良くないので、相手との関係性も考えて使いましょう。パートナーと一緒に生活していて、同じサイフからの出費を節約するためなら問題ありません。

デートでの支払いは、クレジットカードを利用してポイントを貯めるのがベストです。旅行をするなら、交通機関の早割はかなりお得になります。新幹線なら21日前、飛行機(ANA)なら75日前から安く乗れます。現地で何を食べてどこで遊ぶか、事前に一緒に決めるのも楽しいですよね。
日常で貯めるなら、私がよくおすすめしているのはスーパーのポイントです。特定の商品を買うとポイントで還元されたり、日々の買い物で貯まるので、効率よくポイントが貯められます。

あと、デートで飲食店へ行きますよね。そのとき適当に入ったお店が予想より高くて失敗した経験はありませんか? そんな失敗を防ぐため、出かける前にネットで予算情報を調べて行くお店を決めておくのも、やりくり術のポイントです。あらかじめ支払う値段がわかっているので、余計な出費が押さえられます。スマートに行動できるので、相手に与える印象も違うと思いますよ。

プロフィール

さんきゅう倉田

お笑い芸人。ファイナンシャルプランナー。2007年、国税専門官試験を経て東京国税局に入局。2009年、NSC東京校に入学。各種メディア出演や執筆、法人会やJC、税理士会、医師会などでの講演活動を行う。 著書に『お金持ち 貧困芸人 両方見たから正解がわかる! 元国税職員のお笑い芸人がこっそり教える 世界一やさしいお金の貯め方 増やし方 たった22の黄金ルール』(東洋経済新報社)などがある。

▶︎前回:男と女の恋愛経済学〜②ちょっとリッチにお金を使う特別な日〜

▶︎第1回記事はこちら:男と女の恋愛経済学〜①ちょっとリッチにお金を使う特別な日〜

▶︎NEXT:男と女の恋愛経済学〜④おごる?おごってもらう?支払うときどっち?〜

Omiai Information

Z世代のメッセージ文字数は30代の約半分!?
Z世代の恋愛観が明らかに

「Omiai」と未婚男女のマーケティング研究機関『恋愛婚活ラボ』が共同で、「Omiai」ユーザーデータをもとに、Z世代のマッチングアプリの利用実態や恋愛・婚活事情について調査いたしました。Z世代の恋愛観とは? 詳細はリリースをぜひご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000114.000004974.html

NEW POST 新着記事
RANKING ランキング
RELATED ARTICLES
関連記事